競馬

公営投資というジャンルの中においても最もリターンが大きく、フィールド自体も大きいのが競馬です。

弊社では競馬投資におけるサポート実績においては群を抜いていると自負しております。

正直に申し上げまして『一発必中』型の情報の取り扱いは多くありません。また、そういった情報を取りそろえる必要もないと考えております。

競馬は、扱う人間によってギャンブルにも投資にもなります。

少し難しい話になりますが、競馬投資において最も大切な考え方をお伝えいたします。

それはズバリ『期待値をおろそかにしないこと』です。

極端な例ですが、目の前のレースの競争結果を既に知っているものとします。

1着に来るのは単勝1.1倍の大本命の馬です。

皆様はこの状況ならどうしますか?

我々はこの状況なら資金の全てを投入します。

なぜならば結果が分かっているからです。

では、結果が分かっていない状態で勝率90%は見込める(今回のシミュレーションにおいては、実際に90%勝てると考えてください)単勝1.1倍の馬が出走した場合、皆様はどうされますか?

我々は他の馬の単勝を購入します(もちろん、このレースを必ず買わなければならないのであれば、です。通常はこういったレースは見送ります)。

なぜならば、勝率90%で1.1倍のオッズの馬券を購入してしまうと勝つことはできないからです。

それならば、単勝オッズ10倍以上ついている馬の単勝をすべて購入したほうが賢明です。

10回に1回負ける1.1倍の馬を20回買ってもトントン。

10回に1回勝てる11倍以上の馬の単勝を20回購入したら大幅プラス。

これが期待値です。

競馬をギャンブルと考える方は目の前の結果にとらわれすぎてしまい、トータルで、年間で考えるとほぼ例外なく負けます。

ですが、投資として長期的に期待値を見据えて投資をすれば、少なくとも負ける可能性を非常に低く抑えることができます。

それはすなわち勝つ可能性を上げるとも言えます。

この考え方は何も我々独自のものではありません。

競馬で勝てる人の大半以上が実践している考え方です。

競馬裁判で有名になった男性も同様の考え方を突き詰めた戦略で勝っていました。

言ってみれば、当たり前のことをしていれば当たり前に勝てるのが競馬という投資です。

ですが、誰にでもできて当然のことというのは、いざ実践しようとなると難しいものです。

そのお手伝いをさせていただくのが私たちファーストコーポレーションです。